税理士

ビジネスマン

税理士

税理士は、「中小企業を中心とした税金に関する専門家」
納税者が税金を払い過ぎず、決まった税金をきちんと納めることができることをサポートすることが税理士の使命となります。税理士の独占業務「税務業務」は、財務諸表をベースにして、税金の申告書類の代行作成や、税に関するアドバイス(節税等)をすることです。企業や個人事業主は、1年間で得た利益(所得)に対して、税金を自ら計算して納める義務があります。日本の税制は非常に複雑で、かつ申告内容を間違えたり、申告期限を過ぎるとペナルティがある為、企業は税理士と顧問契約を結び、税務申告書の作成をサポートしてもらいます。それに併せて日々の取引の記帳代行や財務諸表の作成、経営・財務面のアドバイスに至るまで包括的に税理士に依頼するケースが多くあります。    

税理士の業務内容

・税務署類の作成

税務署に提出する届出書を納税者に代わって作成したり、提出したりする業務です。申告書の作成などが代表的な業務です。

・税務代理

税務代理とは、納税者の代わりに税務署等への申告・申請を行ったり、税務調査に立ち会い、納税者の代わりに税務調査の対応を行ったりする業務です。

・税務相談

税金の計算や必要な手続きといった、税務の相談に応じる業務です。